マニュアル車はオートマ車と違い変速時や発進時にはクラッチを操作する必要があります。役割として変速時は動力を切ってギアを入れやすく傷めないようにするため、また発進時には「半クラ」と言われる少しずつ動力を繋げることでスムーズな発進を可能にするためです。車種によって繋がり方や重さはさまざまで、よく重いと表現される踏み込む時の力ですが、重要なのは上げる(繋げる)時の力でこれを「圧着力」と言います。この圧着力が高いと鋭い切れ味とロスの少ない伝達力を得ることができるでしょう。発進時によるつなぎ方のコツとしては、まずペダルを床まで踏み込みます。そして少しずつ上げてくるわけですが、半クラの始まりまでくると車がゆっくりと動き出すのがわかると思います。そこが半クラのポイントなのです。半クラのポイントまでは必ずペダルの遊び部分があるので、この感覚は慣れるしかありません。感覚さえ覚えてしまえばあとは一気にポイントまで上げるだけです。それと同時にアクセルを踏み込めばスムーズに走り出すことができるでしょう。最初はアクセルを一切踏み込まず、半クラのポイントだけを覚える練習もおすすめです。このポイントを覚えればかなりスムーズな運転とミッションをいたわることができます。そして繋げる時(上げてくる時)はかかとを床につけて繋ぐことがあすすめです。半クラのポイントで衝撃がくる方はかかとと一緒にペダルを上げてしまっているために上げ過ぎが考えられます。かかとを床につけつま先で調整するとスムーズに半クラができたりします。