» 未分類のブログ記事

4967935車を所有している人が必ず受けなければならないのが、「車検」です。新車購入後3年目で初回車検を受け、その後は2年に1回検査を受けます。

車種などによって異なるものの、車検には多額の費用がかかるため、車を所有している人によっては大きな負担になることがあります。車検の費用を少しでも抑えたい人は、「ユーザー車検」を受けるのがおすすめです。

これは、車検を自分自身で受けることを指し、通常の車検に比べて費用を抑えることが出来ます。車検に必要な手続きは全て自分で行わなければなりませんが、きちんと手順を踏めばそこまで難しいことではありません。

車検を受けるためには、まず自分の住んでいる地域を管轄している「運輸支局」へ行って、車検の予約を行います。この時、「自動車検査票」と「自動車重量税納付書」、そして「継続検査申請書」の3枚を用意して、全ての用紙に必要事項を記入します。

これらの書類作成は、有料で代行業者に委託することも出来ます。書類作成が済んだら、自動車重量税と検査にかかる費用(検査手数料)を支払い、自賠責保険の継続加入の手続きを行います。

その後、実際の検査に入ります。検査に無事合格した後は、新しい車検証とステッカーの交付を受けて、終了です。

車検の際に整備工場を利用するとディーラーよりも安く行えますが、整備工場には2種類が存在しています。車の分解整備を行うには地方運輸局の認証を受けなければいけませんが、認証を受けることで分解整備を行うことが可能です。

認証を受けるには一定規模以上の作業場や設備が必要ですが、認証を受けた整備工場を認証工場と言います。

認証を受けていますので車検などで分解整備が行えますが、検査に関しては運輸支局の検査場で行うことになります。自社工場では検査を行えないのが特徴ですが、検査場に車を持ち込むことで車検を取ることが可能です。

認証工場のうちで自社工場の中で車検がとれるのが指定工場となり、一般には民間車検場と呼ばれます。民間車検場となれば運輸支局に車を持ち込まずに車検を取ることができます。

民間車検場の指定を受けるには厳しい審査に合格しなければならないため、高度な検査機器や国家資格保有者がいなければいけないため、認証工場よりも信頼性が高くなっているのが特徴です。

民間車検場では不正が発覚すると処分の対象となるため、一般には運輸支局の検査よりも厳しい条件で車検を行っています。どちらも車検を取ることに関しては同じですが、民間車検場のほうが信頼性が若干高くなるといえます。

AMT(Automated Manual Transmission)はクラッチ操作が自動化されたマニュアルトランスミッションです。構造的にはMTですが、ドライバーはクラッチを操作しないため法規上ではATに分類されており、AT限定免許で運転することができます。

基本的に、ATモードとMTモードを切り替えることができ、普段はATモードで楽な運転、スポーツ走行をするときだけ自分の意思で自由に変速すると言った使い方ができます。

この一方式として、近年特にスポーツ走行を重視した高級車に採用されているのがDCT(Dual Clutch Transmission)です。

gf1120209840mDCTでは、ギアの奇数段と偶数段それぞれに1つずつクラッチが用意してあり、変速の際に2つのクラッチが交互につながることによりスムーズは変速を実現しています。

クラッチでエンジンとギアをつないでいるため、トルクコンバーター式のATやCVTより動力の伝達効率が良く、大出力エンジンを搭載可能で加速性能も高くなっています。

燃費の向上も期待されていましたが、実際にはトルコンATとCVTの技術の発展もありそれほどの優位性はないようです。

従来のMTに対しては、普通の人にはできないようなクラッチ操作速度を実現できるため、加速性能と燃費の面で優位に立っています。

a0001_013081排気量以上のパワーを得られるターボ。最近では大排気量車には見られなくなってしまいましたが、軽自動車やコンパクトカーには良く見受けられます。

ターボの役割とは排気ガスを利用してより多くの空気をエンジンに取り込もうとするもの。排気ガスの圧によりタービンのエキゾースト側のブレードを回し、そのまま繋がっているインテーク側のブレードが回ることにより、吸い込むように空気がエンジンに取り込まれるのです。

わかり易い例えで言うと、羽同士が繋がっている扇風機(エキゾースト)と換気扇(インテーク)と言ったところでしょうか。

そしてタービンには必ず必要なのがアクチュエーターもしくはウエストゲート。この役割はタービンにかかる圧力(ブースト)を一定以上かからなくするために圧を逃すというのが仕事。

これがなければ圧はかかり続けタービンの破損、エンジンブローに繋がるので非常に重要な部品と言えます。

パワーを上げるために大きいタービンを装着したチューニング車両に良く見受けられ、アクセルを踏み込みブースト圧が一定以上かかった時に特有の音が響きます。

小さめのターボや純正ターボにはアクチュエーターが用いられることが多いですが、容量を必要とするビックタービンには必要不可欠なパーツです。

圧を解放する仕様では特徴的な音がするのでビックタービン仕様を象徴するパーツとも言えるでしょう。

エンジンに空気を送り込む時、一緒にゴミやほこりを吸い込まないようにエアフィルターというものがあります。

クリーンな空気を吸わせるものですが、純正ではクリーナーボックスという箱型になっているために空気の量が限られてきます。

そこで比較的簡単に装着でき安価でパワーアップできるキノコ型クリーナーが人気があります。

アクセルを踏み込むと吸入音が室内にも響き、アクセルを戻すと空気の吹き返し音がスポーティな印象です。

この音が気に入って装着する方も多いと思われますが、役割としてはより多くの空気をエンジンに送り込むためのものであります。

ボックスタイプと違い四方八方から吸入でき、流れも計算された作りとなっているキノコ型はメーカーによってさまざまな味付けがされています。

しかしキノコ型にすることで気をつけなければならない注意点として、エアフロ車では空気量が大きく変わるためにCPUが誤作動を起こしエンジンがかからなかったり、エンストしたりする場合がありますので、こういった場合は対策が必要となります。

またむき出しによるデメリットとしては、エンジンの熱い空気を吸うことになってしまうこと。極力外部からくる冷たいフレッシュな空気が吸えるような取り回しが重要でしょう。

しかしエアクリーナーを変える恩恵は大きく、コストパフォーマンスは高いと言えるでしょう。

車の走行に必要になるものとしては、ガソリンがあります。

走行の途中でガソリンがなくなってしまい、車が動かなくなってしまうような事が合ってはいけませんので、ガス欠にならないように気を付けておきましょう。

ガソリンを入れるのであれば、フルサービスのガソリンスタンドやセルフサービスのガソリンスタンドがあります。

比較的セルフサービスのガソリンスタンドを利用した方が価格が安くなる傾向にありますので、利用してみる事です。

セルフサービスでガソリンを入れるのであれば、安全に入れるようにしなくてはなりません。
セルフサービスでの正しい給油方法としては、まずはエンジンを停止することです。
エンジンがかかったままの状態では危険ですので、切るようにしましょう。

そしてガソリンを入れる前に必ずしておきたいのが、静電気を除去することです。
静電気が発生してしまうと、火災が起きてしまう危険がありますので、静電気除去シートに触って静電気が起きないように気をつけなくてはならないのです。

ガソリンスタンドで、火事が起きてしまっては大変なことになります。
自分で手軽に利用することが出来るようになったガソリンスタンドですが、その手軽さに過信して安全を怠るような事があってはいけないのです。