車検の際に整備工場を利用するとディーラーよりも安く行えますが、整備工場には2種類が存在しています。車の分解整備を行うには地方運輸局の認証を受けなければいけませんが、認証を受けることで分解整備を行うことが可能です。

認証を受けるには一定規模以上の作業場や設備が必要ですが、認証を受けた整備工場を認証工場と言います。

認証を受けていますので車検などで分解整備が行えますが、検査に関しては運輸支局の検査場で行うことになります。自社工場では検査を行えないのが特徴ですが、検査場に車を持ち込むことで車検を取ることが可能です。

認証工場のうちで自社工場の中で車検がとれるのが指定工場となり、一般には民間車検場と呼ばれます。民間車検場となれば運輸支局に車を持ち込まずに車検を取ることができます。

民間車検場の指定を受けるには厳しい審査に合格しなければならないため、高度な検査機器や国家資格保有者がいなければいけないため、認証工場よりも信頼性が高くなっているのが特徴です。

民間車検場では不正が発覚すると処分の対象となるため、一般には運輸支局の検査よりも厳しい条件で車検を行っています。どちらも車検を取ることに関しては同じですが、民間車検場のほうが信頼性が若干高くなるといえます。